鈴木です。

今回はとても為になる話になるはすです。

それは、時代が大きな転換を迎えようとしているということをお伝えしたいから。

 

この記事を読むことで、あなたの感情を逆なでするような部分もあるとは思いますが、

それはあなたに人生を変えてほしいと心から思うからです。

 

このままいくと大変なことになります。

 

今、社会では

  • ワーキングプア
  • 貧困
  • ブラック企業

などなど、たくさんの経済的な問題があります。

 

僕自身も、フリーターで借金もあり、働いても働いても借金返済が終わらない、そしてキツイ重労働を長時間しても貰えるお金は微々たるものでした。

学歴も高卒で、社会不適合者なので就職も出来ないような人間でしたから。

 

つまり一言で何が問題なのかというと、これです。

ラットレース(英語:rat race)とは、働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことである。 働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることから定義されていると、ロバート・キヨサキが自著「金持ち父さん 貧乏父さん」の中で語っている。
(引用:Wikipedia)

 

かなり有名な言葉です。

 

ですが、本当の意味で理解して危機感を感じている人間はどのくらいいるでしょうか?

そして、それを踏まえて具体的な行動を起こしている人間はどのくらいいるのでしょうか?

 

経済の二極化がますます広がっているんですね。

 

働いているのにも関わらず貧困な状態な人がいる中で、

まったく働いていないにも関わらずお金がある人達がいます。

 

戦後のように、たくさん働けば豊かになるような時代はとっくに過ぎ去り、時代が新たなフェーズに突入しようとしています。

終身雇用制も終わりを告げて、個人で稼ぐ能力が求められ、機械的にやればお金が入ってくるなんてことはもう通用しません。

安い賃金で働かせることができる外国人労働者やロボットがますます仕事を奪っていきますし、能力のない人達はそれ相応の給料をもらい生きるだけでやっとという状態になると思います。

 

(絶望だ。。。。)

 

フリーターやニートの人は元より、40代~60代の人達までもがラットレースから抜け出せないでいます。

日本の経済状況も変わったり、会社の業績の悪化などにより、年功序列が機能しなくなり、リストラの対象にされるようになったからです。

 

大企業に就職できたら安泰と僕も親や周りの人達、テレビなど耳にタコが出来るほど聞かされて来ましたし、あなたもそうではないでしょうか?

そして、就職できればいいのですが、できたとしても安心して生きるだけの給料が貰える保証はもうありません。

大企業はどんどん人員削減をしてきており、今まで会社の中で積み上げた実績も肩書もリストラされてしまえばすべてが消えてなくなります。

 

新しいチャンスも勿論ありますが、また一から環境を構築しなければいけませんし、今まで同じような収入が得られるなんてことはないでしょう。

 

自分のことはクソだと思え

 

ニートやフリーターの人達はこのままではイケナイということはお分かり頂けていると思います。

 

僕自身がそうだったから余計に変わらないとダメだと言い切ります。

というか、フリーターやニートはハッキリ言うとクソなんです。

 

色んな事情があるのは分かります。

それでもこのままの経済状態でフリーターやニートなのは、ダメなんですよ。

 

厳密に言うと、

「働く=生活費の為」

そう答える人間はフリーターであろうが、正社員であろうが、すべてにおいてクソなんです。

変えなきゃいけないんです。

 

とういうか、あなた自身が一番よく分かっていると思います。

好きなこともこれからの人生できないだろうし、お金も貯まらないから老後が心配、

親孝行もできない、好きな人を幸せにすらできない。

 

そして、それらが叶わないから、安い居酒屋で仲間と愚痴りながら同じような毎日を送り人生を無駄にしていることを。

 

僕もそうだったんですよ。

心の底では成り上がりたいという気持ちはありましたが、具体的にどうしたらいいのかわからないから、金持ちを馬鹿にすることで自分を正当化しようとしていていたんです。

それはダメなんです、そういう状態では不幸になる一方なんです。

だからクソだと言っているんです。

 

変えなければいけないんです。

 

なので、最初のステップとして、自己満足して言い訳するのではなくて、

 

「自己否定」

 

をすることからはじめる。

 

変なプライドや自尊心はすべて捨てて下さい。

 

  • 僕は何もできない無価値な人間
  • お金が全てではない

色んな言い訳もあると思いますが、言い訳を心の中からすべて無くすんです。

 

自分より凄い人間はたくさんいることを認めること、嫉妬なんてしないこと、謙虚になること。

自分のダメな所を認める必要があります。

 

 

じゃないとあなたは前に進めません。

 

それが出来なかったから、今の状態だってわかりますか?

自分が今の最悪な状態を引き寄せていることに気づいて下さい。

 

「自己否定をして古い考えを捨てる→新しい価値観を取り入れる」

 

一度自分を否定してゼロの状態になってしまえば、もうそこから這い上がるしか道はなくなります。

 

自分を正当化して嘘の満足に酔いしれているから何も変えられなかったということ。

 

あなた自身の経済状況をしっかり見つめて、これからどうしなきゃいけないのか?

それを考えれば自ずと答えは見つかっていきます。

僕の場合はこのままではダメだと思ったときから人生変わりました。

 

フリーターから抜け出して自由に生きたかったから、自分にとって理想の生き方をしている

師匠に連絡をとり、せどりを徹底的に学び、今があります。

 

変わりたいと思ったら、まずは人に聞いてみたり、本を読んだり、まずは何でもいいので始めることが大事です。

 

興味があれば即行動する。

人生にマイナスなことをしない。

 

そういうことを繰り返していけばやがて

  • 経済的
  • 精神的
  • 肉体的

 

に満たされた人生になっていくと思います。

 

なので、その為にはまずは自分のことをクソだと思うこと。

慢心しないこと。

自分はまだまだだと思い、向上していくことです。

 

そういうマインド生きていけば日本経済が悪くても、個人の力で生きていけるぐらいの人間にはなれますし、ラットレースなんて余裕で抜け出せます。

 

まずはそういった根っこの部分から変えていけば人生自体も変わっていくと、僕の経験から実感しているので、今回は記事にしました。

 

あなたの参考になれば嬉しいです(^^)

 

では、また。